躰道について(About Taido)

躰道の成立過程
躰道(たいどう)」は沖縄の「手(ティー)」を母体として、昭和40年に祝嶺正献(しゅくみねせいけん)最高師範によって創始された新しい武道です。
元は玄制流空手道という武道でしたが、いつしか「躰道」と称されるようになったようです。
相手の攻撃を受けるのではなくかわし、かわすと同時に攻撃を出す「攻防一体」を理念とします。
三次元の運動空間に適応し、また、相手を傷つけることを第一義におくのではない、

新しい武道

として、バク転やバク宙などを取り入れた華やかな動きも特徴となっています。

まだまだマイナーな武道ですが、多くの人が大学から始めるため、スタートに差が無い点では、大会で入賞する絶好のチャンスとも言えるでしょう。

 

躰道の動き
躰道は、
「体軸」を変化させ、「攻防」を展開する
武道です。
躰道での動きは、この「体軸の変化(5系統)」と「運足(うんそく)」から成り立っています。

・体軸の変化
1, 旋(せん)
コマのように身体を回しながら技を行います。
2, 運(うん)
波のように身体を上下に変化させながら技を行います。
3, 変(へん)
木が倒れるように身体を下に倒しながら技を行います。
4, 捻(ねん)
文字の通り、渦を巻くように身体をひねりながら技を行います。
5, 転(てん)
器械体操の床運動のように身体を地上や空中で回転させながら技を行います。

・運足
運足は、躰道の技に効率的に繋がるように考えられた移動法であり、全部で8種類(送・引・加・減・交・点・追・退)あります。

 

躰道の競技
競技は全部で3つあります。
1, 法形(ほうけい)
規定の形を演じ、美しさや技の威力などを競います。
大会では、1対1(個人法形)の時は片方が赤、片方が白として演舞をし、3人の審判がそれぞれ赤か白の旗を上げます。旗が多く上がった方が勝ちとなります。
個人法形の他には団体法形があり、こちらは複数人で同じ形を通し、点数がつきます。
2, 実戦(じっせん)
運足により間合いを取りながら、隙をついて相手を攻撃します。
大会では、技が相手に当たった場合、
「有効・技あり・一本」のどれかの判定がつきます。
こちらも個人実戦の他に団体実戦があり、チーム内での勝敗の数によって勝負が決まります。
3, 展開(てんかい)
躰道の中で最も魅力的で花形の競技だと言えます。
展開では、6人で1チームを組み、1人が主役となって、残り5人を倒していきます。
この展開の構成はチーム自らで考えます。実際に戦っているかのような躍動感を味わうことができる、躰道ならではの競技です。
大会では、それぞれの道着に「主・1・2・3・4・5」のゼッケンが付けられています。それぞれに審判員が点数をつけ、その合計点で他チームとの順位が決まります。