躰道会の日常(8)

皆々様こんにちはこんばんは!躰道会2年の頼です。練習を再開してから早2週間、体力が戻ったかと言われるとそれはないけど、日常に躰道が戻ってきて安心したようなそんな気持ちになっている頼でございます。

これを書いているのが23日の練習の次の日(24日)なんですが、練習後、家でちゃんとケアしたからか、思ったより筋肉痛が来ていなくて嬉しいです(いや分からない、明日来るかも…)。身体のケアは大切ですね。

 

さてさて、今回の記事では23日(日)の様子についてお届けします。新入生の方がまたまた1名体験に来てくださいました。嬉しいことです。ありがとうございます。
記事は25日(火)の練習と一緒にしようかなあと思ったんですが、25日は25日で愉快な練習になりそうな予感がするのでまた別にお届けします。

 

まずはアップから。
最近アップに「足を胸の前で抱えたジャンプでミットを飛び越える」という練習が追加されました(分かりにくい表現ですみません)。何の為かっていうと、飛燕突き(ひえんづき)っていう技のためですね。ただこの練習がキツい。何がって、足がつらい。飛び慣れていないというか、筋肉が足りないというか、まあ力不足の証拠ですね。

⬇️ここで飛燕突きをご紹介しておきます。

c6b842756356d90aac931af65e581fb2e_4620693218527635085_200824.jpg

飛燕突きっていうのはこんな感じで、「相手の卍蹴り等々の技を避けるために、相手の頭側を飛び越えて背中に突きを入れる…」ってやつです。ちゃんと飛べないと相手の頭に足当たっちゃいますからね。
(使える良い写真があった!!なんか懐かしい先輩が2人くらいいらっしゃいますね。今までもちょくちょく出てきていますが.)

アップでは、他にも前転・後転・側転などを行いました。
⬇️ちなみにアップの時の一行の様子はこちら。

スクリーンショット 2020-08-24 14.31.58
(ソーシャルディスタンスを保っているのであれですが、後ろの方にもうちょっとメンバーがいます。)

 

次は本練習
この日も新入生の方と現役で分かれて練習を行いました。新入生の方には、構えと「旋体の突き」の練習をしていただきました。
現役生は構えと基本技(旋体の突き・運体の蹴り突き・海老蹴り・卍蹴り)を左右5本ずつ、練習しました。言わずもがな疲れました。ははっ。
どちらも3年生の先輩方にまた統制を取っていただきました。コロナのことで色々と制限があり、本当に大変な中です。ありがとうございます。

スクリーンショット 2020-08-24 14.43.18.png

⬆️構えの姿勢を取る一行。何度でも言いますが、もうちょっと人います。写真の幅とソーシャルディスタンスの都合です。悪しからず。
(なんか真ん中の方で腕を広げている人がいますね。多分構え直していたんだと思います。うん。これはタイミングの都合。)

 

さあ、最後はダウン(ストレッチ)です。メンバーの中には、練習が半年ぶりで自ら「新入生です」って言っている人もいたことですし、ちゃんとストレッチも行いました。いつも行いますが。

c6b842756356d90aac931af65e581fb2e_4620693218530271054_200824_1

⬆️ご紹介が遅くなりました、一番右端にいらっしゃいますのは、我らが監督でございます。なんか陰で見守ってくださっている感が強い写真ですね。こんな大変な時期でも練習を見に来てくださる、優しくて強くて面白い監督でございます。
メンバーもこれ一応ストレッチの最中なのです。おしゃべりしているわけではないのです。写真がこれくらいしか撮れなかった。悪しからず。

 

 

はい、今回はこんな感じです。なんか長い気が…。まあいいや。とりあえず最近はこんな感じで練習していますということです。
あと書いていて思ったんですが、「ソーシャルディスタンス」って長いですね、もう「SD」でいいかな。んー、伝わるんですかね。

次回も似たような感じの記事だと思います。というかまあしばらくは似たような記事が続きます。みんな(多分)体力も筋力もガタガタのガタなので、コロナ禍前のような激しい練習ができないんですね。
新入生の方々もお迎えしていますから、その時々の状況に応じて練習が変わることはあるかもしれませんが。

 

これからも十分な感染対策を取りながら楽しく練習して参ります。あとは熱中症対策もですね。
それではまた。

to be continued…

躰道会の日常(7)-練習再開っ!-

皆様ご無沙汰しております。躰道会2年の頼です。またまた1ヶ月ぶりくらいの更新となりました。

コロナも全然収束しませんね…困ったやつや…皆様いかがお過ごしでしょうか。私は最近北欧に行きたい欲が強すぎて、行けもしないのに北欧の「る◯ぶ(某情報誌)」を購入しました。家で行った気になっています。虚しい。あとは雑誌のNewtonやNational Geographicを読んでいます。ちなみに後者については今月分を書店で誤って英語版で購入してしまいました。なんで気づかなかったんだ。やってしまいました。でも頑張って読みます。英語学習。

 

さてさて、そんな中、

躰道会は通常の練習を再開しました!わーい!

今回は、8月16日の様子をお届けします。ただ通常の練習とはいっても、今までとは違うところが2点。

 

1点目はコロナ対策。
稽古中もソーシャルディスタンスを守ることや向き合わないことなど注意することが多くて少々大変です。でも畳があるからいいですよね。大体これくらいかな、というのが分かりやすい。

c6b842756356d90aac931af65e581fb2e_4620693218530271054_200819.jpg

⇧間隔を空けつつアップを行う一行。ご覧の通り前転中でございます。

c6b842756356d90aac931af65e581fb2e_4620693218530271054_200819_0

⇧構えの練習も、いつものように横並びで…というわけにもいかないので。こんな感じで。

 

2点目は新入生の方が体験練習に来てくださっているということ!!
いや、コロナでこんな大変な時期に、体験練習に来てくださっているということで躰道会メンバー一同、感謝感激でございます。ありがとうございます。色々とご不便をお掛けいたしましてもう本当に申し訳ない…といったところでもあります。

ちなみに今回のお写真は全て16日の練習のものです。練習では、新入生の方に構えと旋体の突きを体験していただきました。中段の構えって難しいですよね。足の向き、身体の向き、手の位置(帆立)。いやあ、難しい。本当に。
c6b842756356d90aac931af65e581fb2e_4620693218530271054_200819_1

⇧こちらは「半身の体」の練習ですかね。そうや、身体の向きは45°なんや…!
んん、おやおや、写真右側で腕組みをしているのは…??笑
こちら、先輩曰く、「指導者っぽい」と。そうですね。監督してる感ありますね。さすがは我らが統制です。頼もしい^o^

20200816.png

脚の向きを調整中。(教えている人の構えが明らかに五減五加なのは気にしないで★)

 

あれ、現役生の練習は…?

IMG_9352.jpg

…ちゃんと練習しています。新入生の方についていただいた先輩2人を除く現役生(2年)は3年生の先輩の指揮で、自粛中で鈍りに鈍りまくった構えを矯正しました。コロナの関係で接触できないのでちょっと大変です。

こうして我々2年生の構えもなんとかマシになりました。これも頼れる先輩のおかげ…でも太腿がまずい。筋肉痛がっっっっt…

 

とまあ、練習の様子はこんな感じでありました。うーん、色々とイレギュラーで大変ですねえ。ただおそらくどの大学・道場も同じだと思います。

ところで、昨日Facebookを見ていたら、巷では「全国少年少女・高校生躰道動画イベント(主催:NPO法人日本躰道協会)」なるものが開催される(されている)のだとか…。法形のみ、というお話ですが、大学生もやってみたい…。と思うのは私だけでしょうか。まあ何はともあれ、これぞ
「新しい躰道様式」
なのかもしれません。

 

何せ、躰道は、「創造進化を続ける武道」ですからね。
(超重要)


(自分で言っておいてあれですが、「創造進化」って
かっこいいですね…)

私たちも、いつまでも「コロナのことがあるから練習できない〜、仕方がない〜」と言うのではなく、「コロナ禍だからこそできることがある、やるべきことがある」と考えて、そろそろwithコロナの生活に順応していくべきなのかもしれませんね。感染対策に気を抜くのは良く無いですけどね。私もちゃんと構え毎日やらなくては…
嗚呼、なんて難しいご時世なのかしら…。

 

と、今回のブログはこの辺にしておきます。これからの練習にも新入生の方が来てくださる予定ですので、感染予防には気を抜かず、でも楽しく、稽古ができたらいいなと思っております。
最後まで読んでくださり誠にありがとうございました!

次の記事も体験練習(+現役練習)の様子をお届けする予定です。

 

to be continued…