4月16日(火) 練習日誌&基本技まとめ

場所:西早稲田中学校
参加者:永井コーチ、桑子先輩、柿木先輩、足立、大石
練習内容
<アップ>
ランニング、ジャンプ一式、前蹴り、回状蹴り、旋状蹴り、前転、後転、側転、連技
<基本技>
切り返し、四方帆立、運足八法、旋突き、運突き、海老、卍、旋状蹴り
<法形>
桑子先輩:運陰
柿木先輩:運体
足立、大石:変体
<実戦>
運足のみで30秒

<<基本技まとめ>>
ここらで基本技について習ったことをまとめておきたいと思います。

((旋体の突き))
まず360度しっかり回転しきることが重要。そのためには、前足をしっかり前におくり、後ろ足で起発をつかう。その際、こしで回らないと上手く回りきらない。親指を反るようにすると回りやすい。
手技は、払い手と突きを出すタイミングが重要である。突きが出るタイミングは回った時にはもう出ているようにする。払い手は回っている最中のちょうど側面の辺り(?)から払い、肘から先を使って大振りし過ぎたり小さ過ぎたりしない。
起発を使ってこしでしっかり回って鋭く突いたら、最後はびしっと極めを作る。極めの際は、両足の膝内弦を締めて良いえ字の形を作り、引き拳を引いて突きの肩が出たり下がったりしないようにする。
壁際を使った練習が効果的。

((運体の蹴り突き))
三節一体および足甲踏テツの意識を常に持ち、体全体の勢いを同時に使った技であることを頭に入れておく。
顔面カバーの手は、口からその手と反対の方の目を覆うようにして密着させてカバーする。
引き拳はタイミングが重要。動作をするときに引き始め、三節一体から即座に突きが出るよう意識する。(自分の体自体を引き拳の位置まで移動させるという方法もある。)
蹴り足は、まずは膝を引き上げこしで前に蹴り込む。そして蹴った瞬間即座に引きつけ、力強く地面に落とす。地面に落とす足を落とす際は、こしを落とすのではなく、足の裏全体を一気に落とす。
技を前に向かって出そうという意識が大切である。その意識がないと、体重が後ろに残ってしまい、上体が上がったり極めのえ字が狭くなったりする恐れがある。

((変体海老蹴り))
一瞬で技が出るのが理想。上体の倒しと蹴り足が同時かつ迅速に行われることによってそれが可能になる。
上体は、頭を最短距離および最速で真下に落とすようにし、両手と正三角形を作るようにする。
軸足となる前足は先に返してしまうことないようにする。
蹴り足となる後ろ足は、しっかりと抱え、目標に向かってかかとを真っすぐ出す。
原態は、蹴り足を逆再生のように抱えながら戻し、上体は顔を速く前に向けて戻そうとしつつ、指し手をびしっと指そうとする意識をもつことにより、速く、安定した復帰ができるようになる。ちなみに、顔はいきなり前に戻すのは難しいが、天井を見ようとして原態すると自然に前に向くことができる。また、原態も上体と足が同時に復帰させなければ意味がない。

((変体卍蹴り))
この技も一瞬で出るのが理想。倒れた時にはもう蹴りが出ているようにする。
まず、体を倒すときは相手から目を離さない。また手で勢いをつけず、そのまま落としていき、膝と二等辺三角形を作るようにする。
軸足となる前足は、まず前に膝をおくり、膝を90度しっかりと入れる。
蹴り足は抱えとタイミングが重要。膝をしっかり引き上げ、前足(軸足)の切りとともに腰を切って蹴りを出す。蹴りはこしで中心に出す。
原態は、、、すみません、まだ詳しくは習ってない気がするんで後々書きます。分かる方いたら書いてください。

((変体旋状蹴り))
この技も一瞬で出るのが(ry、、、変体の技はみんなそうですね(^^;
まず、癖になっている人も多いと思いますが、技を出すとき本手の振りの勢いを使わない。あくまで回るのは軸足と上体の倒しの勢いによってなので、それ以外に力を入れて初動作を遅くしない。手技は引き拳と地面を支える手のみです。
蹴り足は、背筋を使ってしっかりと蹴り込む。できれば極めを作れるように。また極めでは、下から覗き込む。だからと言って背筋を曲げて覗き込むのはNG。原態は、足を抱えながらすばやく戻す。
壁際を使った練習が効果的。

、、、以上です。
どの技にも言えることは、体のあらゆる部分を同時に動かし、それによって生じる勢いを利用することが大切である、ということですね。
自主練で基本技をゆっくり確認しながら行う際も、体全体を同時に動かす練習を繰り返し行うことで上達へとつながるかもしれませんね!

僭越ながら基本技についてまとめてみましたが、何か「ここおかしいだろ!」とか「足りなくね?」とかありましたらご指摘お願いします。

                                                                                  文責 足立

4月5日(木)練習報告&新歓コンパのお知らせ

場所:正統館
参加者:小林真由先生、山田さん、柿木先輩、大石、足立、御手洗くん
内容
〈アップ〉
横、前に足の振り上げ、大股からの旋の動き、ジャンプ一式、側転
〈基本技〉
突きと蹴りの確認、ペアで飛燕突き、旋体の突き、運体の蹴り突き、海老蹴り、半月当てor絡み、前転突きor側転蹴り
<発展技>
旋体の突きを交差ですり抜け、応変風靡からの卍蹴り
<法形>
足立:変体 柿木先輩、大石:運体
<反省>

・基本の蹴り突きを改めて行ってみると、まだまだできていなかった。特に前蹴りで虎指が出ておらず、極めが甘かった。
・飛燕突きは、空中での三節一体をより心がける。
・旋体の突きは、目線を常に前に向けて打つ。
・海老蹴りはまっすぐ出せるようにする。
・変体の法形をスムーズに行えるようにする。特に、最初の左右の手技、蹴り突きからの一連の動作をしっかり練習する。

今日は御手洗くんに練習に参加してもらいました!ありがとうございました!

また、4月13日(土)と20日(土)の18時からまたまた新歓コンパを行います!
前回のコンパは5人の新入生が参加してくれました。
次のコンパの詳しい集合時間、場所は部員かHPのコンタクト、またはtakuya.a.0125@ruri.waseda.jpまでご連絡ください!
部員一同、心待ちにしております!

<新入生の皆様へ>新歓コンパ・新歓練習のご案内

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!早稲田大学躰道会です!

早稲田大学躰道会では、毎週月曜、火曜、土曜に正規練習、木曜に道場練習を行っています。
「武道に興味がある」「久しぶりに体を動かしたい」「バク転、バク宙を飛んでみたい」などという方はぜひぜひ気軽にご参加ください!(練習日程はこちらのHPのScheduleにも記載してます。)
参加したいという方はtakuya.a.0125@ruri.waseda.jpまでご連絡ください!
もちろん飛び入りでのご参加も大歓迎です!
もちものはジャージなどの動きやすい服装のみで結構です。

また、明日4月3日は新歓コンパがあります!
集合は17時40分頃に高田馬場駅ロータリーです。
参加したい!という方は上記のアドレスまで参加の旨を送って頂けると助かります。
皆様奮ってご参加ください!

春合宿

2013年3月15日(金)~19日(火)にかけて、山梨県山中湖ほとりの至誠荘にて東京大学・早稲田大学合同春合宿を行いました。

合宿のテーマは「運技の向上」と「運足からの技」。(今年は運の年です。)
運足からの技を重点的に、また、普段は触れないような技も教えていただきました。

最終日は恒例の1000本突きを行いました!

東京大学嶋本主将、野田副将、小林副将、その他主務や会計の皆様、部員の方々、色々お世話になりありがとうございました!
また、東京大学阿部監督、山際コーチ、萩野コーチ補、宇野先輩、清水先輩、早稲田大学春日コーチ、永井コーチ補、石川コーチ補、ご指導ありがとうございました!

P1000158 (1)