練習報告 1月10日

メンバー:
桃井先輩、桑子

練習内容:
・各自でランニング、準備体操、アップ
・法形の部分練習
・シャトルラン

*西早稲田中学校の武道場は、すでに畳が引いてあり、コートも赤畳で作ってあります。武道場は屋外並みに冷え込み、畳も足が凍るほど冷たく、体が温まるまでに時間がかかりました。この時期はウォーミングアップと準備体操が必須です。
*捻陰の法形は捻技をした後の原態復帰で前かがみになりやすいので、上半身を起こす。また、法形中、構えで前進するとき、腰が上がりやすいので高さを変えないよう気を付ける。
*ウォーミングアップした後、体が冷えるスピードも速いので、防寒具を着るなり、動きを止めないようにするなりして、体の状態を維持する。

広告

練習報告 1月7日

メンバー:
春日コーチ、伊藤先輩、桑子

練習内容:
・アップ
伸身/抱え込み/回転/回転して抱え込んでジャンプ
もも上げ→蹴りを付けて行う
回状蹴りの抱え込み→蹴りを付けて行う
回状・旋状の抱え込み→蹴りを付けて行う
左右中段構えから前転/後転/斜前転/側転
飛び込み前転
後転のあと前転を続けて行う
倒立前転/歩行

・基本技
下段/中段構えの切返し
四方帆立(短吸長吐/短吸短吐)
旋体の突き
運体の蹴り突き
海老蹴り
卍蹴り
旋状蹴り
捻体半月当て
それぞれ左右5本ずつ

・法形
最初に各自一本通してから、春日コーチのご指導の下、部分練習を行いました。
・実戦
攻防を決め、コの字運足の中で相手に技を当てる練習を行いました。

*法形では、最初、下段から左に着眼して左中段構えになるとき、重心の移動を素早く行い、足と手の動きはじめを同時にする。
*半月当てでは、足が弧を描くような軌道を動くとよい。
*中段構え・下段構えから着眼して、ゆっくりと立ち上がるとき、気を抜かない。
*捻陰の最後のV字の、伏敵の状態で足を入れ替えるとき、体がはずまないように行う。
*コの字運足から調和を崩して技を当てるとき、相手が自分の動きについて来ることができる余裕がなくなるくらい調和を乱す。

謹賀新年

新しい年を迎えました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
昨年は大変お世話になり、有難うございました。
今年も学ぶ姿勢を忘れずに、日々成長出来るよう精進していきたいと思います。 これからも、早稲田大学躰道会をどうぞよろしくお願い申し上げます。
この新しい年がより佳き年になるよう心より祈念いたしまして、 早稲田大学躰道会からの年頭の挨拶とさせていただきます。

2011年度大会結果


七大学定期戦


  • 展開競技
    • 3位 高木勇樹 伊藤岳(混合チーム)

城西大会


  • 展開競技
    • 3位 高木勇樹 伊藤岳 桑子恵理(混合チーム)

全日本大会


  • 男子団体法形競技
    • 3位 高木勇樹 伊藤岳(城西地区チーム)

競技会兼審判講習会


  • 男子個人法形
    • 優勝 高木勇樹
    • 2位  伊藤岳
  • 団体実戦
    • 優勝 伊藤岳(混合チーム)
    • 3位  高木勇樹(混合チーム)