躰道とは

躰道の
・成り立ち
・特徴
・動作
・競技の種類
について簡単に説明していきます。

【躰道の成り立ち】

躰道は、
昭和40年に創始された新しい武道です。
元は玄制流空手道という武道でした。
躰道=空手+器械体操
よくこのように例えられます。

【躰道の特徴】

・「攻防一体
相手の技を受けるのではなく躱(かわ)し、
躱すと同時に技を出すことが特徴で、
女子でも安心な武道です。

・「新しい武道」
三次元の運動空間に適応し、また、
相手を傷つけることを主としない武道です。

・「アクロバティックな動き」
バク転や宙返りを含む動きがあり、
華やかさも特徴です。

【躰道の動作】

躰道の動作は、
「体軸の変化」と「運足」
の2種類で成り立っています。

ー体軸の変化ー
1. “旋”
コマのように身体を回します。
2. “運”
波のように身体を上下に動かします。
3. “変”
木が倒れるように身体を下に倒します。
4. “捻”
渦のように身体を捻ります。
5. “転”
器械体操の床運動のように、地上/空中で
身体を回転させます。

ー運足ー
躰道の技に効率的に繋がるように
考えられた移動法で、足を動かします。
種類は8種類です。
(送/引/加/減/交/点/追/退)

【躰道の競技】

競技は大きく分けて3種類あります。

ー法形ー
空手で言う「型」に当たります。
規定の形を演じ、美しさや技の威力を
競います。

ー実戦ー
前述の「運足」を用いて間合いを取り、
隙をついて相手を攻撃します。

ー展開ー
躰道ならではの競技と言えます。
「殺陣」のような競技です。

いかがだったでしょうか。
少しでも躰道のことを知っていただけたら
幸いです。

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。